医療レーザー脱毛 痛み

MENU

レーザー脱毛の痛みの強さはどれくらい?麻酔は使えるの?

レーザー脱毛をしようと思っても、痛みが気になって踏み込めないという方もいるでしょう。
特に痛みに弱い方だと、定期的に施術が受けられないと心配してしまいますね。
そんな時は、レーザー脱毛の痛みの強さはどれぐらいなのか、また麻酔などでフォローできるのか確認してみてください。

 

レーザー脱毛の痛みの強さ

 

脱毛サロンの一番の売りと言えば、痛みがほとんどないということです。
最近では無痛で施術が出来るサロンもあるので、痛みに関して心配する必要はありませんね。
レーザー脱毛でも、昔と比べると痛みはかなり軽減されています。
と言っても、脱毛サロンの施術と比較してしまうと、やっぱり痛くないとは言えないのが実情です。
光脱毛などの痛みは、よく輪ゴムでパチンと弾かれる感じと揶揄されます。
一方、レーザー脱毛の場合だと、揚げ物をしている時に油がはねた時のような痛みだと言われています。
このような例えを見ても分かるように、レーザー脱毛はそれなりに肌への刺激を感じるようです。

 

麻酔を使ってもらえるの?

 

痛みがほとんどないのが脱毛サロンのメリットだとすれば、麻酔で痛みを感じなくできるのがレーザー脱毛のメリットです。
麻酔というと体への負担や副作用が不安かもしれませんね。
ですが、脱毛施術の麻酔は外科手術の時に打つような麻酔注射ではありません。
脱毛クリニックなどで使用する麻酔は、塗るタイプの局所麻酔クリーム、もしくは笑気ガスです。
一般的に多いのは麻酔クリームで、施術を行う部位にクリームを塗るだけという簡単な麻酔です。
塗るだけですが鎮痛効果に優れていて、施術の痛みはまったく感じなくなると言われています。
効き目は数時間続きますが、しびれたような感覚になるだけなので日常生活にも支障なく使えます。
ただし1回の使用量には限りがあるので、全身脱毛であっても一番痛みを感じる部分だけに塗布するのが基本です。

 

どうしても我慢できない時の対処法

 

全身脱毛で麻酔クリームを塗っている部分以外にも強い痛みを感じる、我慢できないという場合はしっかり医師に伝えましょう。
ここで我慢をしてしまうと、次の施術が嫌になってしまったりストレスを感じることがあります。
レーザー脱毛の痛みは、普通なら我慢できないほど強くありません。
それでも痛みに弱い方だと辛いかもしれませんから、そんな時は出力レベルを落としてもらいましょう。
照射パワーが弱くなれば、当然痛みの度合いも弱くなります。
痛みの度合いは体調や肌の状態、そして緊張なども関係するので慣れてくれば痛みを感じなくなるかもしれません。
痛みを感じなければ出力レベルを戻してもらえばいいだけなので、無理はしないようにしてください。

 

いずれにしても、痛みの感じ方は人によってまったく異なります。
ですからどれぐらいの強さか知りたい場合は、レーザー脱毛のトライアルを受けてみるといいですね。

 

 

 

 

⇒脇永久脱毛、おすすめサロンクリニックはこちら