脇脱毛 家庭用脱毛器

MENU

脱毛器でワキを脱毛するのはどう?

脱毛器 ケノン 永久脱毛

 

しばらく前までは、家庭でできるムダ毛処理は、いくらやっても一時的な効果。ムダ毛が生えてこなくなるようにするには、エステや医療機関に行く必要がある……というのが常識でした。

 

が、今はこの「ムダ毛が生えてこなくなるようにする」というのも、家庭でやってしまう人も少なくありません。

 

エステなどで使われている脱毛器の家庭用が普及してきたのです。

 

方式は二つか三つあります。が、主流となっているのはエステ同様に光脱毛のものです。

 

「IPL脱毛」とか「プラズマ脱毛」とかの名前を付けて、ことさらに違いを強調している製品もあります。が、いうほどの違いはありません。

 

出初めのころは、「出力が弱い」「光の照射範囲が狭い」などの欠点がありました。

 

今は出力がアップしているうえ、その調整もできるものが大半です。

 

また、照射範囲もエステなどで使われる業務用と違いがなくなってきています。

 

肝心の脱毛効果に関しても、利用者の口コミなどを見ると、それほど問題はないようです。

 

後はコストです。家庭用脱毛器でかかるのは、本体価格と、カートリッジと呼ばれる消耗部品です。

 

ちゃんと機種さえ選べば、カートリッジの持ちもよく、値段も安いので、広い面積の脱毛ほど、家庭用脱毛器の方がお得になるようです。

 

が、ワキ脱毛だけとか、それに二、三か所プラスするだけ、というのであれば、脱毛エステに行くことをオススメします。

 

というのは、家庭用脱毛器は本体価格だけで、三万円前後します。これだけでも、低価格路線の脱毛エステならば、かなりの範囲の脱毛が済ませてしまうでしょう。

 

 

⇒プロにしてもらえる、脇の永久脱毛サロン、クリニック