脱毛エステ 痛み

MENU

脱毛エステの痛みはどのくらい?

脱毛の痛みについて語るのは実はとても難しいのです。

 

まず、個人差があります。お肌が敏感な人、鈍感な人。

 

また、その時の体調次第という面もあります。女性ならば、生理中はホルモンバランスが変化していて、お肌の調子も違うでしょう?当然、お肌への刺激に対する感じ方も違います。

 

さらにはその時の気分。もし、脱毛が気に入ったように進行していなかったら、イライラしているかもしれません。その時なら、ちょっとの痛みでも文句をいったり、苦しく感じるでしょう。

 

体験者の感想も参考程度にしかなりません。でも、一応のメドは知っておいていいでしょう。

 

まず、「痛みが強い」といわれているのは、ニードル脱毛です。

 

針状の金属棒を毛穴に入れます。そこで電流や高周波を流し、熱を発生させます。

 

「痛みのせいで、脱毛コースの途中で続けるのを断念した」という人も時々いるようです。

 

また、細かい作業なので、担当者には手先の器用さが必要です。テクニックがないと、さらにお客の痛みが増すようです。

 

痛みのなさで、もっとも多く推奨されているのは、フラッシュ脱毛です。お肌の上から、瞬間的な可視光を照射します。

 

ただ、これも全くトラブルや痛みがないわけではありません。光のエネルギーで、毛母細胞などを焼いていくわけですから、お肌の負担をかけているのには間違いないです。

 

特殊でパワーの強い光・レーザー光を使うのがレーザー脱毛です。痛みはフラッシュより大きめです。「お肌の上でパチンと輪ゴムをはじいた程度」と表現されることが多いようです。

 

いずれにせよ、お試しコースなどで、実際に経験してみた方がいいでしょう。