脱毛を受けられない人〜事前に注意

MENU

脱毛を受けられない人〜事前に注意

一時代前には、一部の人のための特別なサービスのように思われていた脱毛も、すっかり一般の人々の間まで広がりました。

 

これは新しい脱毛機器の開発のおかげでしょう。痛みは少なくなり、料金も下がったのですから、利用する人が増えるのも当然です。

 

が、残念ながら、この恩恵を受けることが出来ない人、この恩恵を受けるためには特別な配慮が必要な人もいます。

 

まず、日焼けをしている人。また、日焼けでなくても、同様に色の黒い人。

 

というのは、フラッシュ脱毛もレーザー脱毛も、お肌の中のメラニン色素をターゲットにして、光を照射します。メラニン色素は黒色なので、周辺の組織より簡単に光を受け止めます。

 

するとエネルギーがたまり、発熱します。メラニンを含む毛根や毛母細胞もろとも焼けてなくなるのです。

 

色が黒い、ということは毛根・毛母細胞以外にも、光を受け止めるところがある、ということです。やけどの可能性があります。

 

同じ理由から、シミ、アザ、ほくろのある部分にも脱毛の施術は出来ません。

 

また、妊娠中の人もやめた方がいいでしょう。おそらくは、エステやクリニックの側からも断られます。

 

おなかの赤ちゃんには直接の悪影響はありません。が、お母さんがストレスを感じることでの間接的な悪影響は避けなければなりません。

 

また、ホルモンバランスの変化のせいで、普段よりお肌が敏感。毛周期の乱れで、施術日が決められない、といった事情もあるようです。

 

生理中の人もお肌が敏感になっているので、避けた方がいいでしょう。