脱毛サロン 見分け方

MENU

こんな脱毛サロンに要注意!良い店と悪い店を見分けるテクニック

脱毛関係に限らず、エステサロンにはものすごい悪評が広がりました。

 

「強引に勧誘し、無理やり施術を契約させる」「料金システムが不明りょう。追加料金に次ぐ追加料金で、トータルの料金は当初説明の何倍にも膨らむ」あたりが典型でしょう。

 

これに対し、国の方でも法律を整備して、トラブルを減らすようにしました。また、エステ業界自身でも、「こんなことでは、どんどんお客が逃げてしまう」と改善に取り組みました。

 

今では落ち着いて、以前のようなことは少なくなっています。

 

とはいえ、一部にはあまり質のよくないエステも残っています。こういったところは、ちゃんと避けなければいけません。

 

実際にあるトラブルは、次のようなものです。

 

・ホームページなどに料金表が明示されていない

 

今でも有名店でこういったところがあります。まずは体験コースなどで呼び込んで、後は必死の勧誘でお客を獲得するのです。

 

もちろん、論外です。

 

・勧誘がしつこい

 

どこのエステであっても、体験コースなどのキャンペーンは赤字覚悟の低料金にしてあります。両ワキの料金だけを特別安くしてあるのも、珍しくありません。

 

「まずは足を運んでもらう。実際に利益を出すのは、その後の契約の分から」という戦略なのです。

 

勧誘したくなるのも無理のないところではあります。

 

ですが、賢いところは、それがむしろ逆効果になることを知っています。質のいいエステは、本当にあっさりと帰してくれます。

 

勧誘がひどいところは、「それをやらないと、お客が集まらないぐらい評判が悪いお店」と考え、勧誘があればあるほど逃げるようにしなければいけません。

 

・担当者が未熟

 

エステでの脱毛方法が、かつてのニードル脱毛から、今の光脱毛に置き換わった理由のひとつに、「操作が簡単」があります。

 

基本となる作業は、「皮膚にかざして、スイッチを押す。それを繰り返す」だけです。

 

とはいえ、光の照射量を判断したり、皮膚にトラブルが出そうならば、それに気が付かなければいけません。熟練度が不要なものではないのです。

 

それを、ほとんど昨日今日はいったような人に任せるようなエステもあります。

 

・予約がとれない

 

特に低料金がセールスポイントのお店にありがちです。「いつ予約の電話を入れても、『その日のその時間帯はもう満員です』の返事しか返ってこない」といった具合です。

 

有効期限が決まっている契約ならば、自分の方の都合でなく、これで期限切れする場合まであります。

 

 

ほかにもいくつかあるでしょう。

 

体験コースなどで自分で足を運んでみれば、その場でわかるようなこともあれば、実際に本コースに通い出さなければわからないようなこともあります。

 

例えば、予約にしても、「体験コースのお客だけ優先する。本コースになったらいきなり予約が取れなくなった」といった悪質なところもあります。

 

こういったことは、実際に通った人の体験談をチェックすれば出てくるはずです。どのエステにするかの決定をする前に、必ずネット上の口コミをチェックするようにしましょう。

 

また、「こういった情報がたくさんある」ということを考えると、中小のエステよりも、全国展開しているような大チェーンのエステのほうが安心できるはずです。